ダイナミックコンテンツによるプロモーションの実現

iPad活用による工事管理システム(FileMaker)


ご回答:代表取締役 前田 政義 様

前田設備工業株式会社 様

所在地
〒914-0812
福井県敦賀市昭和町1丁目7−27
社員数
5名
営業所
三方営業所
事業内容
水道設備、配管設備工事業
URL
http://msk-k.com/

「人にやさしく、環境にやさしく」

新しい変革を求められる現代社会にあって、「人にやさしく、環境にやさしく」をモットーに、企業の社会的責任を自覚し、法令遵守の徹底を図り、真の顧客満足が頂ける会社を、社員一丸となって目指していきたいと思っております。

ソリューション導入前の課題

製品の複雑な構造を紙で説明。伝わりにくさを感じていました。

前田設備工業株式会社様では、複雑な構造を持つ「河床式無動力除塵機」のプロモーションを紙ベースで行ってきました。製品の実際の動きを説明するときは、お客様に設置現場へ行って実物を見ていただくか、パラパラ漫画のように何枚も図面を作成して製品の動く様子を説明されていましたが、紙ベースでのプロモーションでの伝わりにくさを感じていらっしゃいました。

Q: いつ頃、導入をご検討されましたか?
2013年9月頃、友佐さんに「河床式無動力除塵機」の話をしたことがきっかけです。
Q: 「河床式無動力除塵機」とは、どのようなものですか?
流れてくる河川水を除塵機の上面に通過させ、河川水の除塵を行い、導水管から取水するシステムです。自然流を利用した除塵構造のため、取水ポンプや取水層の設置が不要であることが特長です。
Q: 導入前に直面していた課題は、どのようなものでしたか?
河川に設置した除塵機の実際の動きを紙ベースで行ったり、設置現場に行って実物を見ていただいていました。しかし、遠方のお客様には実物を見ていただくことができないため、効果的なプロモーションが困難な状態でした。

ソリューション導入決定

ダイナミックで動きのあるプレゼンを実現!


河床式無動⼒除塵機(⻑野県北安曇郡⼩⾕村)
Q: なぜ福井キヤノンから導入しましたか?

iPadに興味があって購⼊したのですが、うまく使いこなせずにいたところを何度も友佐さんに教えてもらっていました。そんな⽇々の関わりの中で「河床式無動⼒除塵機」を全国展開したいという私の思いを話したところ、友佐さんから、iPadをさらに有効活⽤でき、私の思いにも合ったソリューションのご提案をいただいたことがきっかけです。

Q: 御社にとって弊社の担当者はどのような存在ですか?
ちょっとしたことでも気軽に相談できるし、困ったときにすぐに助けてくれるので、⾮常に助かっていますし、いつも感謝しています。

ソリューション導入後の変化

紙ベースの資料を持ち歩かずにPR効果向上!

福井キヤノンが今回ご提案させていただいたiPad+⼯事管理システム。導⼊後、前⽥設備⼯業株式会社様の業務にどのようにお役に⽴てたでしょうか?お客様の本⾳を語っていただきました。


代表取締役 前⽥ 政義 様
Q: 導⼊して良かった点を教えて下さい。
紙の資料を持ち歩かなくても、iPadで「河床式無動⼒除塵機」の施⼯現場の進捗状況や設置後の実際の動きなどをお客様にお⾒せすることで、効果的に製品の特⻑をお伝えすることができるようになったことです。
Q: 導⼊後、お困りの点はございますか?
iPadの使い⽅に慣れていないことです。製品もツールも⼈間も成⻑してゆかなければ良いものは作れませんので、これも⼀つの成⻑だと思って頑張っています。
Q: 導⼊後の⼤きな変化はありましたか?
プレゼン時のお客様の反応が⼤きく変わったことです。動きのあるプレゼンですと、⾝を乗り出してご覧になられることが多く、お客様の関⼼が⾼まっていることがわかりました。

前⽥設備⼯業株式会社 様の⽬指されている業務変⾰
全国のお客様へ夢を届けたい

今回のiPad+⼯事管理システム導⼊により、県内だけでなく、県外のお客様へも「河床式無動⼒除塵機」をPRしてゆきたいと考えています。除塵機は取り除いた塵を掃除する必要があったのですが、「河床式無動⼒除塵機」は⾃然流に乗って流れてゆきますので、メンテナンス⾯でも⾼齢化対策につながります。今後も「⼈にやさしい、環境にやさしい」提案ができる企業を⽬指します。

福井キヤノンお客様担当者紹介
お客様担当者として心がけること

お客様の「iPadをビジネスの現場で有効活⽤したい」というお考えと「何かお客様のお役に⽴ちたい」という私の考えをひとつにできた提案でした。お客様の将来⽬指されている姿に向かって少しでもお役に⽴てたことを⼤変嬉しく思います。今後も何でもお気軽にご相談をいただけるよう、お客様の⽴場に⽴った提案を⼼がけます。

S&S 第4チーム ICTアドバイザー 友佐 ⼀仁

ページの先頭に戻る