信徒管理システム活用で、信徒様に身近で頼れるお寺へ。

信徒管理システム(Smile Kaizen Solution)


ご回答:写真中央/青木 正憲様(ご住職)
写真右/青木 康純様(副住職)

日蓮宗 妙見山 歓喜寺様

所在地
〒919-0226
福井県南条郡南越前町清水51-1-2
事業内容
先祖供養、永代供養、水子供養、地鎮祭、ご祈祷、竣工式、ほか。
URL
http://www.myokensan.net/

「立正安国を願う」

宗教の違いからテロ警戒が世界中で続く昨今、世界中が安心して暮らせて平和な国土となることを願っております。仏教では自らの心の内を見つめ直し、感謝と懺悔の生活をさせていただくことが基盤です。
「仏さまは常に見てござる 心の中も することも」

ソリューション導入前の課題

行事ごとに異なる個人情報を個別管理する毎日。

妙見山 歓喜寺様では、行事ごとに必要な情報をExcelで個別管理されてきました。行事ごとに必要な情報は異なるものの、信徒様のご要望によっては、家族単位で管理しなければならず、一人一人の個人情報を手入力しながら、確認、修正を繰り返すExcelでの個別管理には、時間も労力もかかっていました。行事が増えればExcelで管理するデータも増えますので、迅速に対応してゆくことが困難でした。しかし、お見えになられた信徒様にもっと喜んでいただけるような、お役に立てる対応をしたいという思いもありました。

Q: 導入前に直面していた課題は、どのようなものでしたか?
Excelでの個別管理では、信徒様のご結婚・ご出産・ご逝去によって、家族構成が変化した際の修正をそれぞれのExcelで行う必要があり、データの入力に時間がかかっていました。また、先祖供養、闘病平癒のご祈祷などでお見えになられた信徒様に対しては、お経を上げて欲しい方一人の情報だけでも良いのですが、歓喜寺としては、お見えになられたお一人の回向だけでなく、そのご家族やご先祖様の回向もできれば・・・という思いもありましたが、なかなか実現できずにいました。
Q: いつ頃、導入をご検討されましたか?
2010年秋頃、清水さんから信徒管理について問いかけられたことがきっかけでした。Excelで個別管理している話をしたところ、統合して管理することで、今よりももっと信徒様のためになる対応が実現できるとのお話を聞かせていただきました。Excelだけでなく、過去帳管理のパッケージシステムから、「Smile Kaizen Solution」による信徒管理システムなど、様々な方法があることを知り、本格的に検討を始めました。

ソリューション導入決定

”こんなことができるかな?”を諦めず一緒に実現。


妙見山 歓喜寺様
Q: なぜ福井キヤノンから導入しましたか?

パッケージの管理システムでは対応していない”こんなことできるかな?”というこちらの要望に対して、諦めずに一緒に考えて下さいました。何もない状態ではイメージも湧かないからとシステム開発担当者の方が試作版を作って、実際の動作や使い勝手も見せていただいたんです。そんな真摯な姿勢に共感しました。

Q: 歓喜寺様にとって弊社の担当者はどのような存在ですか?
清水さんは、朝早くても夜遅くても、困ったときには、嫌な顔せずに駆けつけてくれるんですよ。それが頼もしいです。ときには仕事の話だけでなく、食事しながら世間話もすることがあるんですが、そういうときに人の魅力がわかりますから、そういう時間も私は大切にしています。いつか清水さんが定年退職したら、毎日うちのお寺に通ってもらおうと思っています。(笑)

ソリューション導入後の変化

可能性は未知数の夢のシステム。関係寺院に紹介したいです。

福井キヤノンが今回ご提案させていただいた「信徒管理システム」。導入後、妙見山 歓喜寺様の業務にどのようにお役に立てたでしょうか?お客様の本音を語っていただきました。


ご住職様
Q: 導入して良かった点を教えて下さい。
今まで過去帳やExcelの個別管理を手作業で調べて、行事のたびに関係する信徒様の情報を一人一人、手書きで書き出して壁に貼っていましたが、今は、システムで検索すれば、一覧表示されて印刷までできるので、とても助かっています。
Q: 導入後、お困りの点はございますか?
こちらがコンピュータに慣れていないこともありますが、導入直後は少し使いづらいところもありました。その都度、対応いただいているので、今では活用していますよ。
Q: 導入後の大きな変化はありましたか?
やりたいことを実現できただけでも凄いのですが、使っているうちに、次はこんなことをしてみたい!と次のステップへの意欲が出てくるんです。例えば、行事のお供えの発注個数や余った数などのデータを入れておけば、翌年から発注量を調節できるので、無駄にならないですよね。そういった機能を後からでも付けられるのが、このシステムの魅力ですよね。これは、関係寺院にぜひ紹介してゆきたいと思いました。

妙見山 歓喜寺様の目指されている業務変革
お寺も時代に遅れないように

寺院経営管理も企業運営の良きところを取り入れて、檀家や信徒の家庭における情報を住職も理解し、超高齢化対策、少子化の社会問題に少しでもお寺がお役に立ちたいです。
今般、歓喜寺システムを福井キヤノン様にお願いしたところ、見事に夢のようなシステムができました。おそらくここまでのシステムは他に例がないと思います。今後このシステムを利用し寺院管理運営には大いなる期待が望まれます。福井キヤノン様に感謝いたします。

福井キヤノンお客様担当者紹介
お客様担当者として心がけること

お客様にとってコンシェルジュでありたいです。今回の提案では、何気ない“言葉”をきっかけにご住職の強い想いを感じ、何とか実現できるよう、お客様と一緒に創造することができました。また、このようなお客様との“コラボレーション”によって、満足感と充実感が持てました。導入後の運用も非常に大切なことなので、今まで以上に、きめ細かな対応をしていきます。

S&S 第三 リーダー ICTアドバイザー 清水 弘幸

ページの先頭に戻る