現場と本社の情報共有だけでなく、情報漏洩対策まで。

グループウエア(Desknet’s)+拠点間ネットワークソリューション


ご回答:代表取締役社長 上田 祐広 様

技建工業株式会社 様

所在地
〒910-0858
福井県福井市手寄1-17-13
事業内容
建築の企画・設計・施工・維持管理
資本金
5,000万円
URL
http://www.giken-corp.co.jp/

「建築トータルサービス企業へ」

技建工業株式会社 様は、創業の精神である「お客様第一主義」「建築を通した社会貢献」「常に誠実に」を忘れず、地域に密着した建築トータルサービス企業を目指されています。

ソリューション導入前の課題

現場との情報共有を図り、コミュニケーションを円滑にしたい

技建工業株式会社様では、現場事務所が開設される毎に現場事務所内にパソコン・出力機を持ち込んでいました。現場に常駐する社員の方は、工事が完了するまで現場へ直行・直帰になるため、本社の情報が現場に伝わるまでタイムラグがあり、社内間でのコミュニケーションや情報共有で社員間でも差が発生する状態になりました。
また、図面データや提出書類のやり取りに関しては、本社-現場間の往復による移動時間という目に見えないコストが発生し作業効率の妨げになっていました。

Q: 福井キヤノンとの出会いはいつ頃でしたか?
出会いはかなり古くからだと思いますが、私が社長になった1999年頃から経営品質協議会を通して福井キヤノンさんとのお付き合いが深くなりました。
Q: 導入前の職場環境は、どのような状況でしたか?
現場とのコミュニケーションや情報共有がスムースに行われていない状況でした。
Q: 導入前の業界動向は、どのような状況でしたか?
システムを導入している企業が少ない状況でした。
Q: システム活用のきっかけはどのようなことでしたか?
周囲でも少しずつメールの活用が広がり、弊社でもメールシステムを導入したことがきっかけでした。

ソリューション導入決定

業務改革イメージを具現化するソリューションとの出会い


技建工業株式会社
Q: なぜ福井キヤノンから導入しましたか?
業務効率化は課題でしたが、その課題に対してどんなソリューションがあって、どのように解決できるのかがわからない状況でした。そこで福井キヤノンさんへ相談したところ、グループウエアや拠点間ネットワークといったソリューション提案をいただき、イメージしていた業務改革を具現化する提案だったので、導入を決めました。
Q: 御社にとって弊社担当者の存在はどのように感じていらっしゃいますか?
わからないことや困ったことがあったとき、最初に電話する相手が担当の伊藤さんです。昔から変わらず、気軽に何でも相談できる、一番身近な存在です。

ソリューション導入後の変化

認識していなかった課題もカバーするソリューション

今回ご提案させていただいた「グループウエア/Desknets」「拠点間ネットワーク」は、お客様が認識されていなかった課題まで見据えてご提案させていただきました。ソリューション導入後のお客様の生の声をご紹介します。

代表取締役社長 上田 祐広 様

Q:ソリューション導入後、業務にどのような変化がありましたか?
現場が県外へと広がったことで、現場の担当者が本社へ出社することが従来に比べてますます困難になりました。メールでの情報共有では追いつかなかったことが、グループウエアや拠点間ネットワークによって、解決できました。
Q: 導入して良かった点を挙げて下さい。
県外の現場にいながら、本社で仕事をするのと同じことができるので、業務効率が大きく向上しました。
Q: 導入後の大きな変化はありましたか?
導入当時は認識していませんでしたが、メールソフトや社内資料などデータが現場PCにはないので、PC紛失・盗難時にも情報漏洩対策になることがわかり、期待以上の提案内容だったと実感しました。今後も良い提案をたくさんお願いしたいです。

技建工業株式会社 様の目指されている業務変革
情報システムを活用し、建築トータルサービス企業へ

技建工業株式会社様は、品質・価格・工期・安全の全てに亘って福井県の建築業者でお客様に選ばれるNo.1企業を目指しています。今後も積極的に情報システムを活用し、人間力向上のための教育にも力を入れて、多様化するお客様のニーズに柔軟にお応えできる基盤の構築を図ります。そして、新たなライフスタイルの提案から、企画・設計・サポートと幅広い対応を目指します。

福井キヤノンお客様担当者紹介
お客様担当者として心がけること

県外の現場が増える中で、本社・現場の方々がスムーズに仕事ができるように、また、お客様が掲げる短納期・高品質な仕事に貢献できるよう、今後も作業効率化につながる情報システムの提案と運用、スピード感のあるサポートを心がけていきます。

S&S ZERO リーダー ICTプランナー:伊藤 益市

ページの先頭に戻る