• セミナーお申し込み
  • お問い合わせ
  • 採用に関するお問い合わせ

ドキュメントの出⼒フローを改善し、⼀元管理で多能化へ。

[その他]
[キヤノンソリューション]
[文書管理]

ドキュメントソリューション(imageWARE Desktop)

中部鉱業株式会社 様

所在地
〒919-0212
南条郡南越前町鯖波 35字 12番地2
URL
https://chubukogyo.wixsite.com/website
事業内容
珪⽯鉱⼭の採掘及び選鉱品の販売
所有鉱⼭
福井鉱⼭、南条鉱⼭、⼤鶴⽬鉱⼭、丸⼭鉱⼭

ご回答:代表取締役 佃 祥孝 様

珪⽯鉱⼭採掘専業、半世紀。

南条・今庄地区では鉱業法に規定されている珪⽯が産出し、 1970年代には国内有数の⽣産地として全国に出荷されていました。時代の変化に伴い、⽤途も変容しましたが、今なお代替が困難である故、我々は「安定⽣産と安定供給」を念頭に置き、限りある資源を有効に開発する “"資源屋"としての責任を持って、⽇々鉱⼭開発に勤しんでおります。

ソリューション導入前の課題

多種多様なファイルで作成する資料は、時間も⼿間もかかり負担⼤。

中部鉱業株式会社 様では、社内で使⽤していた複合機の調⼦が悪くなったこともあり、⼊れ替えを検討されていました。以前使⽤していた複合機も調⼦が悪くて、⼊れ替えたものの、その⼊れ替えた複合機も紙詰まりが頻発するなど調⼦が悪く、業務効率が低下している状態でした。

Q: 導⼊前に直⾯していた課題は、どのようなものでしたか︖
会議資料を作成する際は、画像ファイルや様々なアプリケーションで作成したデータを⼀つ⼀つ開き、⼀度PDFに変換してファイルを結合してから、印刷していました。そのような資料作成の⼿順を把握していたのは私だけだった ので、昼から会議があると午前中はほとんどその作業に時間を費やしていました。その上、複合機の調⼦が悪くなってサポートをお願いしても翌⽇まで対応してもらえず、課題解決のための提案もなかったため、本来やるべき業務に 影響が出ている状況でした。
Q: いつ頃、導⼊をご検討されましたか︖
複合機の⼊れ替えを検討していた時期だったと思います。御社から、異なるアプリケーションでも⼀元管理ができるドキュメントソリューションのご提案をいただいたことがきっかけでした。サポートもすぐに駆け付けていただける と聞き、とても有難いご提案でした。
Q: 導⼊前に他社のソリューションと⽐較されましたか︖
今までの複合機は会社が県外ということもあり、翌⽇の修理は当たり前というサポート体制だったので、他社との⽐較はしませんでした。

ソリューション導入決定

業務上の課題を深く理解した上でのご提案が決め⼿でした。

Q: 福井キヤノンからの導⼊の決め⼿となったことは︖
営業担当の⼤⽯さんが、私たちの業務課題を把握した上で、本当に役⽴つ良いものをご提案して下さったことです。
Q: 御社にとって弊社の担当者はどのような存在ですか︖
何でも話しやすいです。御社のソリューション導⼊事例を拝⾒させていただきましたが、複合機だけではなく、ネットワーク などさまざまなソリューションを福井県内企業にご提案され ていらっしゃいますし、逆に⾔うと私は専⾨ではないですから、今後もし何かあればぜひ「こんなことをしたいけど、何か良いものはないか︖」と相談させていただこうと思っております。そのように聞ける⽴場の⼈がいるというだけでも⾮常に⼼強いですね。

ソリューション導入後の変化

ICTを活⽤した業務改善で属⼈化から多能化へ。

福井キヤノンから導⼊させていただいたソリューション。導⼊後、中部鉱業株式会社 様の業務にどのようにお役に⽴てたでしょうか︖お客様の本⾳を語っていただきました。


代表取締役
佃 祥孝 様
Q: 導⼊後、使われてみていかがでしたか︖
資料に使うデータが異なるアプリケーションであっても、従来のように⼀つ⼀つ起動し、印刷設定して、綴じて・・・という作業がなくなりました。⼀つの画⾯でプレビューも⾒れて、⼀括して印刷設定ができるので、こうした⼀元管理ができることによって、作業効率が向上しましたね。
Q: 中でも最も良かった点はございますか︖
今まで、複数のアプリケーションを組み合わせての複雑な資料作成は、私しかできない状況でしたが、社員が簡単な⼿順で作成できるようになった ことは、とても良かったです。
Q: 現在、社⻑以外に社員の⽅も活⽤されていますか︖
保安統括者や現場監督者など、会議をする⽴場の社員がよく使っています。 関係する監督官庁からのデータや⾃社で作成した Word や Excel、画像データなど会議資料は複数のデータを使⽤することがあるので、かなり⽣産性は⾼まりましたね。

中部鉱業株式会社 様の目指されているビジョン
資源屋としての責任を具現化。

珪⽯の⽤途はコンクリートの部材となるセメントの副原材料や、ALC(軽量気泡コンクリート)の⾻材など、近年さらに需要が旺盛になっており、国内の需給環境もタイトです。資源を枯渇させず末永く製品の供給を⾏うという資源屋としての責任を全うすべく、お客様からの製品に対するご要望に即対応が出来るように、実際に仕事に携わっている「現場」が主体となるような社内体制を構築中です。その上で、的確な意思疎通が⾏える社内会議運営のためにも、さらなる情報共有ツールの導⼊を進めていきたいと考えております。

福井キヤノンお客様担当者紹介
お客様担当者として心がけること

私は、⾃らの知識やスキルをお客様の仕事にどのようにお役に⽴てるかを常に考えながら、お客様に投げかけています。
今後も担当としてお役に⽴つ為に、中部鉱業様を更に知り、「中部鉱業様の事なら⼤⽯に聞けば分かる」という存在を⽬指していきたいと思います。

S&S チームA リーダー ⼤⽯ 雄平

ページの先頭に戻る