• セミナーお申し込み
  • お問い合わせ
  • 採用に関するお問い合わせ

受注 FAX 業務フローのペーパーレスで⽣産性向上︕
たくさんの ” 良かった ” を実感しました。

[製造業]
[キヤノンソリューション]
[文書管理]

せいとんファクス&IWDT 連携ソリューション

株式会社 折玉 様

所在地
〒910-0818
福井県福井市堂島町 14-27
社員数
10 名
事業内容
弁当⽤折箱製造
各種⾷品パッケージ資材の販売

ご回答:営業企画 ⽟村 交市 様

商品の提案⼒は情報収集⼒と社内の情報共有⼒

折⽟は 1927 年(昭和 2年)に駅弁⽤容器の折箱製造業として創業しました。現在は折箱製造に加えて、飲⾷店さん、⾷品メーカーさん、仕出し料理店さんなど飲⾷関連のお店に包装資材を販売しています。何千社とある資材メーカーがどんどん新商品を開発しています。国内外問わず情報収集し、お客様の⼤切な商品を「包む」ための資材を選択して提案します。

ソリューション導入前の課題

ファクスで送受信した紙を時間をかけて探す⼿間がストレスでした。

株式会社 折⽟ 様では、受注ファクスを紙で出⼒し、捺印をして返信するなど、紙ベースでの運⽤をされていました。保管も紙をファイリングしているため、必要なときに探す時間も⼿間も⼤きな負担となっていました。

Q: 導⼊前に直⾯していた課題は、どのようなものでしたか︖
受注ファクスの紙での運⽤フローをペーパーレスにしたいと思っていました。⼤量に届く迷惑ファクスもストレスでしたね。費⽤⾯というより、迷惑ファクスの処理そのものの⽅がストレスで。使い捨て容器を扱っているからこそ、「もったいない」という気持ちが強いのだと思います。無駄に紙を印刷し、廃棄することが気持ち的に負担でした。
Q: 福井キヤノンとのお取り引きは、1 年半くらい前に初めて御社を訪問させていただいたことがきっかけだったのですが、当時のことは覚えていらっしゃいますか︖
何⽉頃だったかまでは覚えていないのですが、当時使⽤していた複合機が⽼朽化し、サポートも受けられなくなるということだったので、ちょうど複合機の⼊れ替えを検討している時期でした。
Q: 導⼊前に他社のソリューションと⽐較されましたか︖
私と他の担当者で⼿分けして3社ほどだったと思いますが、複合機の⾒積もり依頼をしていました。正直なところ、"キヤノン製は⾼そう"というイメージがあったので、私は⾒積もり依頼はしていませんでした。でも、別の担当者と⼿分けして探していたので、そちらから⾒積もり依頼を出したのかな︖と思っていました。後から聞いたら、⾶び込みの訪問だったことを知って、あまりのタイミングの良さにとても驚きました。

ソリューション導入決定

グッドタイミングで⽬の前に現れた " ラッキーガール " !


株式会社 折玉 様の商品一例
Q: 今まで、福井キヤノンとお取り引きはありませんでしたが、今回導⼊して下さった決め⼿は、どのようなことでしたか︖

久世さんは、複合機を探していた私たちにとって " ラッキーガール " なんですよ!ちょうど複合機の⼊れ替えを検討している時期に、⾒積もりも依頼していないのに、タイミング良く⾶び込みで現れた⼈が、たまたま複合機の営業だったんですから。「こんなことって あるんだなぁ。」と思いました。

それともう⼀つは、今まで複合機は価格や機能だけで⽐較検討していました。他社からも業務課題を聞かれたことはありませんし、もちろん提案もありませんでした。 " 価格が安い " 、 " 起動スピードが速い " そういう話だけでしたね。私たちも「そういうものだ。」と思っていましたが、久世さんは、こちらの要望を聞いて下さって、他社の⾒積もり価格以上の提案をして下さった。他社で安いからと⾔って決めていたら、今は私たちがやりたかったことを実現できてはいなかったので、そういう意味でも " ラッキーガール " だと思っています。

ソリューション導入後の変化

複合機以外の相談、役⽴つ情報提供、何でもお願いできる安⼼感。

福井キヤノンから導⼊させていただいたソリューション。導⼊後、株式会社 折⽟ 様の業務にどのようにお役に⽴てたでしょうか︖お客様の本⾳を語っていただきました。


営業企画
⽟村 交市 様
Q: 導⼊して良かった点は、やはりファクスの受注フローをペーパーレスにできたことでしょうか︖
そうですね。ペーパーレスが実現できたことはとても助かっています。あとは新しい複合機だからかもしれませんが、以前と⽐較して壊れにくくな りました。それも良かったです。それと、保守ですね。これはすごく良いと思います。壊れてから呼んで来てもらうのではなく、アフターフォローとして何度も来て、情報提供して下さったり、アンケートで要望を書いたら、すぐに対応して下さったり。今、セネガルで新規事業を始めているのですが、あまりにも壊れないし良い複合機なので、セネガルでも使ったら良いんじゃないか︖と思って、薦めたんです。そうしたら、セネガルでも同じキヤノン製の複合機をもう使っていたんです。 ( 笑 )
Q: 導⼊時に想定していなかったこと、導⼊後に " 良かった " と感じた点は︖
複合機の営業の⽅と複合機以外に「こんなことをやりたいんだけど」という話をすることは想定していませんでした。今までは複合機の価格や機能のことしか話をしませんでしたし。それから改めて考えてみると、対応が速いですよね。他社のように「明⽇でも良いですか︖」は、⼀度もないので、驚いています。

株式会社折⽟ 様の目指されているビジョン
もったいないを届けたい

折⽟では、飲⾷店での⾷べ残しを持ち帰るドギーバッグなど、使い捨てない容器の販売も進めていきます。プラスチックの利⽤が普及したのは 1950年頃からです。便利で使いやすい反⾯、リサイクルが進まず、年々プラスチックゴミ問題が顕在化しています。プラスチックゴミの⼀番の対策はプラスチックゴミを出さないこと。つまりできるだけ使わないようにすることです。企業も個⼈も必要以上に使わず、できることから始めていくべきだと思います。「もったいない」と思えることで問題は⼩さくなり、新しい解決案も出てくると考えています。

福井キヤノンお客様担当者紹介
お客様担当者として心がけること

私が⼊社して初めて複合機を販売させていただいたお客様で、⼤変思い出深いお客様です。お客様から営業についても社会についても⽇々勉強させていただいております。
これからも頼りにしていただき、折⽟さまの「やっぱり・まずは・さすが」であることができるよう、全⼒で努めて参ります。

S&S チームA 久世 奈津美

ページの先頭に戻る